ここから本文です

魂もお祭り騒ぎ!映画「土竜の唄」ビジュアルを高橋のぼるが再現

コミックナタリー 10/19(水) 12:22配信

高橋のぼる「土竜の唄」を原作とした実写映画「土竜の唄 香港狂騒曲」の新たなビジュアルが解禁された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

公開されたのは、原作者の高橋が自ら志願して描き下ろした“アンサービジュアル”。主人公・菊川玲二を演じる生田斗真や、主要キャストが勢揃いした同作のビジュアルをそのまま再現した。高橋は「公開に向けて、私の魂もお祭り騒ぎです!」とコメントを寄せている。

「土竜の唄」は警察官の主人公が、暴力団へと潜り込み組織壊滅に向けて奮闘するスパイもの。週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて連載中で、累計発行部数は650万部を突破している。映画「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」では原作の「チャイニーズマフィア編」のストーリーが展開され、12月23日に全国東宝系にてロードショー。監督は三池崇史が、脚本は宮藤官九郎が担当する。

映画「土竜の唄 香港狂騒曲」
2016年12月23日(金・祝)全国東宝系にて公開
監督:三池崇史
脚本:宮藤官九郎
音楽:遠藤浩二
出演:生田斗真、瑛太、本田翼、古田新太、菜々緒、上地雄輔、仲里依紗、堤真一 ほか

(c)2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM (c)高橋のぼる・小学館

最終更新:10/19(水) 12:22

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]