ここから本文です

ピース綾部が高橋真麻との恋愛トークで「僕だけ嫌な奴になってる!」

お笑いナタリー 10/19(水) 12:30配信

昨日10月18日、映画「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」のPRイベントが都内で行われ、ピース綾部と高橋真麻が出席した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この作品はヘレン・フィールディングの小説を原作とする「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズの第3弾。レニー・ゼルウィガー演じる主人公・ブリジットが、元恋人のマークと、新たに出会ったIT企業の社長ジャックとの間で揺れ動くさまが描かれる。

シリーズを第1作から観ているという綾部は、最新作について「男性、女性目線で観られる。男性としては『うーん』と思う部分もあるけれど、いろいろな目線で観ることができると思います」とコメント。また“アラフォー”になった主人公・ブリジットの魅力を「天真爛漫でちょっとだらしない部分もある。すごくリアリティのある女性で、40代の方も共感できる」と述べた。

イベントでは観客が綾部と高橋に恋愛の悩み相談をするコーナーも。「彼女や彼氏がいるのに、同窓会で昔好きだった人と盛り上がって『ご飯に行こう』と誘われたら?」という質問に対し綾部は「そのときのムードによってはブリジット魂が出てしまうと思う」と回答。しかし高橋が「パートナーのことを考えて行かないですね。もし行くとしたら『恋愛感情は抜きでみんなで行きましょう』って言います」と話すと、綾部は「なんか僕だけ嫌な奴になってる! 落とし穴掘ったでしょ!」と述べて会場の笑いを誘っていた。

映画「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」は10月29日(土)より全国ロードショー。

最終更新:10/19(水) 12:30

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]