ここから本文です

沖浦啓之による短編アニメの資料集が発売、「日本アニメ(ーター)見本市」の1本

映画ナタリー 10/19(水) 12:34配信

「ももへの手紙」の沖浦啓之が監督を務めた短編アニメ「旅のロボから」の資料集が、明日10月20日に発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、庵野秀明率いるアニメ制作会社カラーと、IT関連企業ドワンゴが共同で企画した短編映像シリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」の1本として制作されたもの。テンガロンハットを被ったロボットと、ヒッチハイクをしていたそのロボットを自身のキャンピングカーに乗せた女性との間で起こるごたごたを描く。

沖浦が監修した資料集「旅のロボからの歩き方?」には絵コンテや設定資料、原画、背景美術などを収録。ほかにレイアウトやタイムシートなどの制作資料も収められている。なお同書は10月21日まで東京・新宿バルト9、大阪・梅田ブルク7にて開催中の「劇場上映 ゴーゴー日本アニメ(ーター)見本市」でも販売。

旅のロボからの歩き方?
グラウンドワークス 2016年10月20日(木)発売
価格:3780円

(c)nihon animator mihonichi LLP.

最終更新:10/19(水) 12:34

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]