ここから本文です

ノア小峠 生き恥かいた「2冠ケーキ」秘話

東スポWeb 10/19(水) 16:42配信

 ノアのGHCジュニアヘビー級王者・小峠篤司(31)が18日、汚名返上を誓った。

 23日の横浜文化体育館大会では前王者・金丸義信(40)との初防衛戦に臨む。ところが「ここでベルトを落としたら、もうボクには何も残らない。あぁ…」と王者の貫禄はどこにもなかった。

 9月23日の後楽園大会で同王座を奪取し、GHCジュニアタッグ王座(パートナーは原田大輔)と合わせてジュニア2冠を達成。杉浦貴(46)、金丸に続く史上3人目の快挙だったが、8日の後楽園大会では邪道(48)、外道(47)組に敗退。ジュニアタッグ王座を新日本プロレスに流出させてしまった。結局、2冠王として参戦できたのは新日本9月25日の神戸大会のみ。「2冠の姿を敵地のファンにしか見せられなかった…」とボヤキは止まらない。

 しかも8日の夜には友人たちが31歳の誕生日と2冠達成を祝う会を設けてくれ「2冠Champion」の文字が入った特製ケーキまで用意してくれた。ところが数時間前にタッグ王座を失ったばかりで「生き恥でした。せっかく祝ってもらったのに申し訳なくて…」と肩身の狭い思いをしたという。「まずは(横浜)文体ですよ。勝たなきゃ2冠を持っていた事実が風化してしまう」と防衛を誓った小峠。負の連鎖を断ち切れるか。

最終更新:10/19(水) 17:24

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています