ここから本文です

【ロサンゼルスモーターショー16】スバル謎のワールドプレミア、コンセプトカーと判明

レスポンス 10/19(水) 17:30配信

11月14日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー16。同ショーにおいて、スバルがワールドプレミアする謎の新型車の正体が見えてきた。

画像:スバル インプレッサ セダン コンセプト(参考)

これは10月13日、ロサンゼルスモーターショーの主催団体が明らかにしたもの。「ロサンゼルスモーターショー16におけるスバルのワールドプレミアは、コンセプトカー」と公表している。

スバルは前回のロサンゼルスモーターショー15において、『インプレッサ セダン コンセプト』を出品。次期『インプレッサ セダン』(日本名:『インプレッサG4』)を示唆したコンセプトカーで、市販車に近いデザインが特徴だった。

11月14日に初公開されるスバルのコンセプトカーについて、ロサンゼルスモーターショーの主催団体は、「グローバルコンセプトであり、同ブランドの新しいラインが発表される予定」とコメント。

今回のロサンゼルスモーターショー16では、スバルの新しい方向性を示すコンセプトカーが、デビューすると見て良さそうだ。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/19(水) 17:30

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。