ここから本文です

「V20 PRO L-01J」がドコモから登場 動画・写真・音にこだわったスマホ

ITmedia Mobile 10/19(水) 11:42配信

 NTTドコモは10月19日、LGエレクトロニクス製Androidスマートフォン「V20 PRO L-01J」を発表した。発売は2017年2月を予定している。

【デュアルカメラを搭載】

 プロセッサはQualcomm製の「Snapdragon 820」(CPU部は2.1GHz 2コア+1.5GHz 2コア構成)を搭載し、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは32GBを備える。外部ストレージはmicroSDXC(最大256GB)に対応する。バッテリー容量は2900mAh(ユーザーによる交換は不可)となる。外部接続端子はUSB Type-C(ケーブルやACアダプターは別売)となっている。背面の電源キーには指紋センサーも搭載した。OSはAndroid 7.0をプリインストールする。

 ディスプレイは5.2型WQHD(1440×2560ピクセル)のIPS液晶のほか、その右上に「セカンドスクリーン」を搭載している。セカンドスクリーンには通知や簡易ツールなどを表示可能だ。

 アウトカメラは、1600万画素と800万画素の「デュアルカメラ」構成となっている。1600万画素のセンサーには薄暗い場所でも明るい写真が撮影できるF1.8のレンズを組み合わせている。また、薄暗い中でもピント合わせができるレーザーオートフォーカスも合わせて採用している。一方、800万画素のセンサーには風景や集合写真の撮影時に便利な135度の広角レンズを組み合わせている。動画撮影時には、高精度な電子手ブレ補正の利用やリニアPCM(48kHz/24bit)形式の音声収録が可能だ。インカメラは500万画素センサーに120度の広角レンズを搭載している。

 サウンド面では、デンマークの音響機器メーカー「バング&オルフセン(B&O)」によるチューニングが施されている。音声出力に必要なDAC(Digital/Analog Converter)にはESS Technology製の32bitクアッドDACを採用し、音声再生時に発生するノイズを従来比で50%低減している。

 モバイル通信では、ドコモのLTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」に対応する。2GHz・1.7GHz・800MHzの3波キャリアアグリゲーション(CA)が利用できるエリアでは、下り最大500Mbps、上り最大50Mbps(ともに理論値)で通信できる。VoLTEは、より高音質な「HD+」に対応する。無線LAN(Wi-Fi)は、IEEE 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz帯/5GHz帯)に対応する。

 V20 PROは、LGエレクトロニクスのグローバルモデル「LG V20」をカスタマイズしたドコモオリジナルモデルという位置付けだ。ディスプレイサイズの変更(5.7型→5.2型)の他、防水・防塵(じん)ボディーの採用、おサイフケータイの搭載、フルセグ/ワンセグ受信機能の追加を実施している。

最終更新:10/20(木) 11:26

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。