ここから本文です

「GANTZ:O」を「最高の映像化!」とONEが絶賛、ガンバ大阪とのコラボも

コミックナタリー 10/19(水) 12:51配信

奥浩哉原作による映画「GANTZ:O」に、ONEが応援コメントを寄せている。

原作でも屈指の人気を誇る「大阪編」をフル3DCGで描いた本作。ONEは「最高の映像化!高校時代に漫画GANTZを読み、『やばい、見つけてしまった!!』と衝撃が走ったあの瞬間を思い出した」と語っている。このほか映画の公式サイトでは、「シドニアの騎士」「亜人」などを手がけたアニメーション監督の瀬下寛之らからのコメントも公開中だ。

【この記事の関連画像をもっと見る】

また作品の舞台が大阪であることにちなみ、プロサッカークラブ・ガンバ大阪とのコラボビジュアルも登場。映画の公式サイトには、ガンバ大阪のチームキャプテンである遠藤保仁選手が「GANTZ:O」を鑑賞してのコメントも掲載された。

ONEコメント
最高の映像化!高校時代に漫画GANTZを読み、『やばい、見つけてしまった!!』と衝撃が走ったあの瞬間を思い出した。最新のGANTZが更新されていくことに感謝。

(c)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

最終更新:10/19(水) 12:51

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]