ここから本文です

IGZO液晶+指紋センサー搭載の「AQUOS EVER SH-02J」「Disney Mobile on docomo DM-01J」

ITmedia Mobile 10/19(水) 11:43配信

 NTTドコモは10月19日、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS EVER SH-02J」と、同機種をベースとする「Disney Mobile on docomo DM-01J」を発表した。発売はSH-02Jが11月上旬、DM-01Jが2017年2月を予定している。

【この機種をベースとしたDisneyスマホも登場】

●AQUOS EVER SH-02J

 SH-02Jはスペックを控えめにすることで買いやすい価格を実現したミドルレンジモデルで、「AQUOS EVER SH-04G」の後継に相当する。

 プロセッサはQualcomm製の「Snapdragon 430」(CPU部は1.4GHz 4コア+1.1GHz 4コア構成)を搭載している。メインメモリは2GB、内蔵ストレージは16GBを備える。外部ストレージはmicroSDXC(最大256GB)に対応している。バッテリー容量は2700mAh(ユーザーによる交換は不可)だ。ディスプレイは5型HD(720×1280ピクセル)のIGZO液晶を搭載している。

 本体の側面には新たに指紋センサーを搭載した。端末のロック解除やドコモサービスのパスワードレス認証に使えるほか、アルバムのシークレット機能の解除にも使える。使う指ごとに指定したアプリを自動起動する機能も備えている。OSはAndroid 6.0をプリインストールする。

 アウトカメラは1310万画素、インカメラは500万画素のCMOSセンサーを採用している。インカメラは画素数が向上しただけではなく、約85度の広角レンズを搭載したことでより大人数での自撮りをしやすくなった。

 モバイル通信において、ドコモのLTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」には対応しない。LTE(Xi)エリアでの最大通信速度は、下りが150Mbps、上りが50Mbps(ともに理論値)となる。VoLTE通話には対応しているが、より高音質な「VoLTE(HD+)」には対応しない。無線LAN(Wi-Fi)は、IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz帯)に対応する。

 その他、おサイフケータイとワンセグの受信機能を備えている。

●Disney Mobile on docomo DM-01J

 DM-01Jは、東京ディズニーシーの開園15周年にちなんで、水の世界をモチーフとしたデザインとなっている。スワロフスキー・クリスタルを68個あしらったフリップタイプのオリジナルケースを付属している。このケースの前面にあるミッキーアイコンは、電話の着信やメールの受信に合わせて光るようになっている。

 カメラ機能には、場所や季節のイベントに応じてデザインが変わる「ディズニーサプライズ日付フレーム」を搭載している。

 その他の基本仕様は、ベース機種となるSH-02Jと同様だ。

最終更新:10/19(水) 17:51

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]