ここから本文です

通話内容、リアルタイムにテキスト化 「みえる電話」ドコモが試験提供

ITmedia ニュース 10/19(水) 12:11配信

 NTTドコモは10月19日、耳の聞こえづらい顧客向けに、通話相手(健聴者)の発話内容をテキスト表示するAndroid端末向けサービス「みえる電話」のトライアルサービスを始めると発表した。同日からモニターの募集をスタート。音声認識精度などサービス性の向上を行い、2017年度以降の商用化を目指す。

【その他の画像】

 通話相手の発話内容が、スマートフォンの画面上にリアルタイムにテキスト表示されるサービス。ユーザーはテキストで内容を確認しながら音声通話できる。

 電話をかけるときはAndroid向け専用アプリから行い、電話を受ける際は、専用の050番号に着信する。一部発信できない番号があるが、着信は誰からでも受けられる。通話音声の認識処理はドコモのネットワーク上で行うため、通話相手はアプリなども不要だ。

 耳の聞こえづらい人が代理電話を頼めない状況や、電気、水道、ガスなど生活トラブル発生時、クレジットカード停止処理などの際、自身で電話をかける必要がある場合などに利用できるとしている。モニターへの応募は特設サイトから。

最終更新:10/19(水) 12:11

ITmedia ニュース