ここから本文です

天笠尚が新婚の妻と息子にKO勝利誓う

デイリースポーツ 10/19(水) 14:38配信

 「ボクシング ノンタイトル10回戦」(20日、後楽園ホール)

 前日計量が19日、都内の日本ボクシングコミッション(JBC)で行われ元東洋太平洋・日本フェザー級王者で、日本同級6位の天笠尚(31)=山上=は56・8キロ、対戦相手で東洋太平洋スーパーバンタム級8位のカルロ・デメリーショ(32)=フィリピン=は56・3キロでパスした。

 天笠は4月に英国でWBCインターナショナルフェザー級王座挑戦に失敗、半年ぶりの再起戦となる。世界ランカーから外れ、文字通り出直しの一戦となる。

 「スカッとする試合ができていないので、結果、内容含めていい試合にしたい。イギリスで上位ランカーとやって、世界の手応えをつかめた。手の届かないものじゃないと実感した。違いを感じたフィジカルの部分は、意識してトレーニングしている」と意識は高い。

 プライベートでは、昨年10月18日の誕生日に、美紗恵夫人と結婚。今年の5月には長男の和(やまと)君が生まれ、10月1日には披露宴を行った。「試合には家族が会場に来るので絶対に勝ちます。KOで勝ちたい」と、充実感をあふれさせていた。

最終更新:10/19(水) 14:49

デイリースポーツ