ここから本文です

クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑…特別観覧エリアを設置 11月26日

レスポンス 10/19(水) 19:15配信

トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、「2016 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」を11月26日に東京・明治神宮外苑で開催する。

[関連写真]

今年は東京開催10周年を記念し、10個の星をあしらった記念ロゴを制作するとともに、一般来場者への特典を用意。スカーフとサングラスの両方を身に着けた来場者先着100名に「トヨタ博物館入場券(2名分)」を進呈するほか、パレードスタートの様子を真近で見られる特別観覧エリアを設置する。

同イベントは、明治神宮外苑聖徳記念絵画館の前をメイン会場とし、一般参加のクラシックカー約100台が銀座中央通りをパレード。また、トヨタ博物館が収蔵するクラシックカーの展示や走行披露など多彩なプログラムを展開する。また今回、ホンダコレクションホールも協力。往年のベストセラー軽自動車『N360』も出展される。

企画展示のテーマは「見て、聴いて、感じる 突き抜けたクルマたち-’50s、’60s」。世界中の車に影響を与えたテールフィンの頂点を極めた「キャデラック エルドラド ビアリッツ(1959・米)」、大衆車の既成概念を変えた「モーリス ミニ マイナー(1959・英)」、第1回日本グランプリクラス優勝を飾った「ダットサン フェアレディ SP310(1963・日)」、3つの世界記録と13の国際記録を樹立した「トヨタ 2000GT“スピードトライアル”レプリカ(1966・日)」などの走行シーンやエンジン音などを楽しむことができる。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/19(水) 19:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]