ここから本文です

クレオパトラ、こだわりの照明と音楽で届ける2年ぶり単独「産声シャンデリア」

お笑いナタリー 10/19(水) 14:00配信

来月11月12日(土)、クレオパトラの単独公演「産声シャンデリア」が東京・space EDGEで開催される。

2014年10月の「ワンダーネバーワールド」から約2年ぶりに単独ライブを行うクレオパトラ。照明作家・渡辺敬之の照明やサックスプレイヤー・大原巧による生演奏のもと、パフォーマンスを披露する。

またクレオパトラがネタ台本を朗読する恒例ライブ「ネタの朗読会」の特別篇も11月12日に実施されることが決定した。渡辺や大原はこのライブにも参加。いつもとは一味違う朗読会が展開されそうだ。

クレオパトラ単独公演「産声シャンデリア」
日時:2016年11月12日(土)17:30開場 18:00開演
会場:東京・space EDGE
料金:前売3000円 当日3300円
チケット:TIGETにて販売中。

ネタの朗読会~特別篇~
日時:2016年11月12日(土)13:30開場 14:00開演
会場:東京・space EDGE
料金:前売1800円 当日2000円
チケット:TIGETにて販売中。

最終更新:10/19(水) 14:00

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]