ここから本文です

[芸能]ドラマ「雲が描いた月明かり」 サイン会に5千人のファン

聯合ニュース 10/19(水) 16:41配信

【ソウル聯合ニュース】韓国のKBS第2で毎週月、火曜日に放送されたドラマ「雲が描いた月明かり」(原題)のサイン会が19日、ソウル・景福宮の興礼門広場で行われ約5000人のファンが詰め掛けた。

 同イベントは17日に放送された第17話の視聴率が20%を突破したことを記念して開かれた。

 視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、17日に放送された同ドラマの第17話の視聴率は全国で23.3%、首都圏で23.6%を記録した。

 イベントには、主演のパク・ボゴムやヒロインのキム・ユジョン、B1A4(ビーワンエーフォー)のジニョン、クァク・ドンヨンが出席した。

 オンラインで事前に選ばれた200人を対象に行われたイベントだったが、会場周辺はパク・ボゴムを一目見ようと大勢のファンが集まった。

 会場には不測の事態に備え警察官や警備員が配置された。

 同ドラマは、ハンサムでぶっきらぼうな王子、イ・ヨン(パク・ボゴム)と宮中の宦官だが実は男装しているホン・ラオン(キム・ユジョン)とのロマンスを描いた時代劇。18日に最終回を迎えた。

最終更新:10/19(水) 17:02

聯合ニュース