ここから本文です

阪神・北條が“登板” 送球矯正のため打撃投手務める

デイリースポーツ 10/19(水) 16:37配信

 阪神・北條史也内野手(22)が19日、甲子園のマウンドに“登板”した。全体練習後の特打で打撃投手を務めた。原口、新井良相手に15分、投げ込んだ。高代ヘッドコーチの指示で送球矯正の一環で行ったという。

 「指にかかったときの方が、球は安定する。送球が安定しなかったら、投手に迷惑がかかるし、併殺の時は二塁に迷惑がかかる」

 今季は自己最多の122試合に出場した。105安打を放ち、遊撃でスタメン出場する機会もあったが、チームワーストタイの12失策を犯した。実戦から離れるオフは、課題克服に注力する。

最終更新:10/19(水) 17:41

デイリースポーツ