ここから本文です

リオ金・金藤理絵 広島・黒田の“有終の美”願う

東スポWeb 10/19(水) 20:39配信

 リオデジャネイロ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ金メダルの金藤理絵(28=Jaked)が、広島・黒田博樹投手(41)の“有終の美”を願った。

 19日、母校の東海大湘南キャンパスで行われた報告会に出席した金藤は、集まった1200人の前で「大学卒業してからも練習させていただいた。少しでも恩返しができたと思っています」と感謝の思いを口にした。

 広島生まれで広島ファンとあって、日本シリーズをもって引退することを決断した黒田にも言及。「前田(健太)選手がメジャーに行かれて、大丈夫かなって不安があったんですけど、それも関係なしに、すごい活躍をされて日本シリーズがある。最後は優勝で終われたら、一番いい引退のされ方になると思いました」とエールを送った。

 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦(16日、マツダ)で始球式を行う予定だったが、広島がその前に日本シリーズ進出を決めたため、かなわなかった。しかし、金藤は「今年のカープの成績は誇れるもの」と満足げで、32年ぶりとなる日本一を待ち焦がれた。

最終更新:10/19(水) 20:39

東スポWeb

なぜ今? 首相主導の働き方改革