ここから本文です

【菊花賞】プロディガルサン 柔らかみのある走りで先着「折り合い重視で」

東スポWeb 10/19(水) 20:40配信

【菊花賞(日曜=23日、京都芝外3000メートル)注目馬19日最終追い切り:美浦】プロディガルサン(写真手前)は田辺を背に南ウッド6ハロンから僚馬を追走。直線内に併せて馬なりのまま余力十分に先着。柔らかみのある走りが順調な調整過程を物語る(83・9―39・1―12・6秒)。

 田辺騎手「稽古で動くので前走(セントライト記念=3着)からの変化が分かりにくいが、至って軽快な走り。リアルスティール(菊花賞=2着)の弟で期待する部分は大きいし、折り合い重視で流れに乗っていきたい」

最終更新:10/19(水) 21:00

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ