ここから本文です

ドローンで買い物代行 ドコモなど、離島で実験 携帯ネット活用、長距離運行も可能に

ITmedia ニュース 10/19(水) 13:07配信

 NTTドコモなど3社は10月19日、携帯電話のネットワークを利用したドローン「セルラードローン」を活用し、福岡県の離島で買い物代行する実証実験を、11月に始めると発表した。セルラードローンを活用したさまざまな検証を行う「ドコモ・ドローンプロジェクト」の一環。九州本島・離島間の2.5キロの長距離飛行や、目視のない状態での飛行の可能性などを検証する。

 福岡市内の能古島(のこのしま)に住む高齢者や子育て世帯から電話で依頼を受けた商品を、セルラードローンで配送する。九州本島内の商店で注文を受けて商品を準備し、ドローンに積載。セルラードローンに遠隔で飛行指示し、島内の中堅拠点まで約2.5キロを空輸する。

 中継地点からは、別のセルラードローンに積み替え、注文者の自宅に届ける。ドローンからワイヤーで商品を下ろすのに適した十分なスペースが確保できない場合はトラックで届ける。ドローンの離着陸は専用コントローラーで手動で行い、ホバリング後、あらかじめ設定した目的地まで自動飛行する

 実験は11月から12月まで行い、セルラードローンの長距離・目視外運航の可能性や、上空のドローン周辺の通信品質・地上の携帯電話ネットワークへの影響などを検証。2018年度を目標に、商用化に向け検討する。ドコモのほか、コンサルティングを手掛けるMIKAWAYA21、ドローンの企画・開発を行うエンルートが実験に参加する。

 ドコモは9月、携帯電話ネットワークを使ったドローンを試験利用できる免許を、福岡県、神奈川県、千葉県の一部地域で取得済み。「ドコモ・ドローンプロジェクト」として、買い物代行のほか、防災や減災、農業、物流などの分野で、ドローンを活用した多様なソリューションの提供を目指す。

 ドコモの吉澤和弘社長は「セルラードローンなら、従来のドローンでは届かなかった距離から、映像伝送や機体のデータなどをリアルタイムに届けられ、遠隔制御も可能になる」と話している。

最終更新:10/19(水) 13:07

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。