ここから本文です

【菊花賞】ミライヘノツバサ しっかりとした脚取り「距離をこなしてくれれば」

東スポWeb 10/19(水) 20:40配信

【菊花賞(日曜=23日、京都芝外3000メートル)注目馬19日最終追い切り:美浦】ミライヘノツバサは南ウッド5ハロンから単走。道中から行きっぷり良く、ラストまでしっかりとした脚取り。叩かれて確実に状態は上向いている(66・5―38・2―12・9秒)。

 伊藤大調教師「少し時計が速くなったが、それだけ調子のいい証拠。輸送は心配ないし、距離をこなしてくれれば」

最終更新:10/19(水) 21:02

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ