ここから本文です

【菊花賞】レッドエルディスト 2馬身先着「ひと叩きで状態は上向き距離にも不安はない」

東スポWeb 10/19(水) 21:14配信

【菊花賞(日曜=23日、京都芝外3000メートル)注目馬19日最終追い切り:栗東】レッドエルディスト(写真左)は坂路でミヤビベスト(2歳500万下)と併せ馬。道中は僚馬を前に見る形で進み、残り1ハロンで鞍上がゴーサインを出すと一気にはじけて2馬身先着した。ラスト1ハロン12・4秒(4ハロン52・7秒)と時計も優秀だ。

 騎乗した福田助手「バッチリです。前回(神戸新聞杯=3着)はまだ余裕のある感じだったけど、ひと叩きで状態は上向いてきた。この距離にも不安はないから」

 デビューから一貫して2000メートル以上を使われてきた長距離砲。しまいは確実だけに持久力が試される展開になれば怖い存在だ。

最終更新:10/19(水) 21:18

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]