ここから本文です

自主制作マンガ誌「ユースカ」英語版が誕生、厳選した15編を翻訳し収録

コミックナタリー 10/19(水) 16:43配信

ジオラマブックスが発行する自主制作マンガ誌「ユースカ」の英語版が登場した。10月23日に東京ビッグサイトにてCOMITIA118と同時開催される「海外マンガフェスタ2016」のジオラマブックスブースで先行販売され、一般発売は11月5日から行われる予定。

「ユースカ」は前身となった「ジオラマ」と合わせて計9冊が過去に発行されている。シリーズ10冊目に当たる英語版はこれまでに掲載された作品から15編を英訳して収録しており、一部は描き下ろし。表紙イラストは西村ツチカが手がけた。

また刊行を記念して、東京在住のカナダ人映像作家・Jeremy Rubierが「ユースカ英語版」のコンセプトムービーを制作。映像は2分弱で、動画サイトのvimeoにて公開されている。

「ユースカ英語版」収録作品
Zajirogh「A NIGHT BEFORE WEDDING」
Tetsu Kasabe「Hawaii」
Keita Katsushika「Town Trail」
Natsuko Taniguchi「I Love You To DEATH, Takada-kun」
BRIDGE SHIP HOUSE「meter」
Tsuchika Nishimura「The Woman Who Planted Flowers」
Ryo Hirano「Password」
Naoya Sanuki「Sweat Dreams」
Natsujikei Miyazaki「Lunch Time」
Yoshie「Ubasute」
Motoyuki Ota「effect」
Hideyasu Moto 「Birthday Party」(太田出版刊「本秀康の描く4ページ」より「息子の誕生パーティ」をリライト)
Jun Kamoda「BGM:Jelly Fish」
error403「MacroMesoMicro」
Keigo Shinzo「Me & My Brother - One Summer」

最終更新:10/19(水) 16:43

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]