ここから本文です

【菊花賞】東西記者徹底討論!「2強」か「第3の馬」台頭か

東スポWeb 10/19(水) 21:37配信

【菊花賞(日曜=23日、京都芝外3000メートル)東西記者徹底討論】波乱の秋華賞の後は堅菊か、乱菊か…。クラシック3冠最終章となる第77回菊花賞は素直に「2強」から軸馬を選ぶか、「第3の馬」台頭に期待するかになりそうだが、とにかくかみ合わない「独創」荒井と「馼王」西谷の見解は当然、割れた。

 荒井敏彦(東スポ):改めて見渡せば本当に個性豊かなメンバーだよな。

 西谷哲生(大スポ):秋の京都といえば、やはり紅葉と菊花賞ですよね。3分間以上もドキドキが味わえるし。

 荒井:キミが熱狂している某アイドルのジャンケン大会とは訳が違うからな。

 西谷:いやいや、そこは一緒ですって。勝負は正々堂々、王冠はたった一つです。

 荒井:まあ、いいや。とにかくダービー馬マカヒキが不在でも、2、3着と上位を分け合った2頭が、順当にトライアルを勝ち上がり、東西の2強が揃い踏み。先週の秋華賞とは違って本命党好みのレースになるだろ。

 西谷:いやいや、そこも同意しかねます。穴党が大喜びのデータをこっそり教えますよ。ディープインパクト産駒は3000メートル以上の平地競走をまだ一度も勝ったことがないんです。

 荒井:それ、よく強調されるけどさ。ディープ自身が菊花賞はもちろん、天皇賞・春も勝っているし、単なる巡り合わせの問題だろ。くだらん。

 西谷:信じ続ける者こそが救われるんです。というわけで神戸新聞杯で勝負した◎カフジプリンスをもう一度追いかけますよ。

 荒井:フラれた女性にもう一度、告白するようなもんだぞ。要は勝算なしだ。

 西谷:勝負どころでモタついた前走は直線を向いたところで終わったかと思ったけど…。エンジンがかかってからはものすごい伸び。初重賞でクラシック上位馬と小差4着なら、まだ見限れません。夏の北海道シリーズの内容を含めて折り合いに苦労するタイプではなく、距離延長は望むところ。京都の3~4コーナーの下り坂で勢いがつけば、今度は馬券になります。

 荒井:オレは素直に2強の取捨選択。3000メートルなら◎ディーマジェスティが上とみた。

 西谷:ダービーは正直、100%の状態には見えなかった。それで0秒1差3着だから、ポテンシャルの高さは評価せざるを得ません。

 荒井:最終的にはトライアルのセントライト記念の勝ちっぷりで決断した。サトノダイヤモンドと同じタイム差なしの勝利でも、道中はいい意味で遊びがあったし、脚質に幅が出たのも大きい。母父ブライアンズタイムなら距離に不安もないからな。

 西谷:ボクは2強ではサトノダイヤモンドのほうが上の評価です。神戸新聞杯は返し馬の雰囲気がとにかく素晴らしかった。これは圧勝まであるかな、と。実際は道中で少し力んでいたことや、早めに抜け出して遊んでしまったこともあるにしても、皐月賞の時点では問題にしなかったミッキーロケットに詰め寄られたわけですが…。

 荒井:おいおい、大丈夫か? まったく褒めてないじゃんよ。

 西谷:最後まで聞いてください。それでレース直後は成長力に疑問を持ったんですけどね。1週前追い切りの豪快…いや、えげつない動きを目の当たりにして、考えがガラッと変わりました。昨年のダービー2着馬サトノラーゼンを子供扱いした姿は、やはり“特別な馬”。成長力に疑問を持つなんて失礼な話でした。

 荒井:オレは2強に割って入れる可能性があるのはウムブルフだけだと思ってる。道悪馬場の前走(札幌日刊スポーツ杯)で突き抜けたのはモレイラの腕ではなく、馬自身の成長力があってこそ。あのスタミナがあれば、ロングスパートができるんじゃないか。浜中がスリーロールス(09年勝ち)の時のような早め早めの競馬を再現できれば、あるいは…。

 西谷:ボクは印を回したい伏兵がたくさんいます。レッドエルディストは神戸新聞杯で同厩エアスピネル(5着)に先着を果たす3着と成長が目につく一頭。いかにも脚を測ったような競馬でしたから、距離延長で前進が見込めます。それとジュンヴァルカン。神戸新聞杯をパスしたけど、その後の乗り込みから仕上がりは問題なし。話題に事欠かない友道厩舎所属なのが何より不気味です。

 荒井:オレはヒモ穴にシュペルミエールを強調しておく。春から馬体に厚みが出たことで、負荷をかけた稽古が積めている。条件戦を勝っての栗東滞在はプラン通り。その前走(兵庫特別)は本番を見据えた仕上げだったから、まだまだ変わり身の余地はあるぞ。

最終更新:10/19(水) 21:37

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ