ここから本文です

その愛は永遠に…… “千葉県のYさん”、橘万里花役の声優・阿澄佳奈さんに感謝のメッセージ「万里花を真の真のヒロインにしてくれた」

ねとらぼ 10/19(水) 16:29配信

 8月に完結した古味直志さんの漫画「ニセコイ」。同作のサブヒロイン・橘万里花への尋常ならざる愛で知られる“千葉県のYさん”が、アニメで声優を務めた阿澄佳奈さんのラジオ番組に感謝を伝えるメールを送り、ご本人に読まれたことが話題となっています。文章からあふれるマリー愛がすごい……!

【画像:作品のキャラ人気投票にランクインするミラクル】

 メールは「私はニセコイの中では楽と万里花が1日だけ恋人の振りをして遊園地へ行く話が1番好きでした」と、早速万里花への愛がチラ見えするところからスタート。その後は思い入れの強いストーリーやイベントに触れながら、「万里花を真の真のヒロインにしてくれたこと、そしてあのイベントが忘れられない思い出にしてくれたこと、遅くなってしまいましたが、阿澄さんにはこの場を借りて感謝を言わせて頂きたいと思います。本当にありがとうございました」と胸が熱くなるメッセージが。

 最後は「ニセコイはこれにておしまいですが、私にとってはいつまでもやっぱり万里花がナンバーワン。阿澄さんが万里花を演じてくれて本当によかったです」と締めくくりました。こちらまでウルっとくる愛の深さです。

 阿澄さんはメールを読み終えると「このメールの送り主がね、千葉県のYって書いてあるの!」「これ本物なのかなぁ?」と驚きの表情。Yさんの存在は広く知れ渡っているようで「お初にお目に掛かります」「メールで初めてこうしてお話できて、ありがたいでございます」と恐縮しきりの様子でした。

 千葉県のYさんといえば、同作の人気投票で数々の伝説を作ったことで知られ、ファンの間では知らない人がいないほどの人物です。2016年3月に行われた投票では、Yさんが不参加だったことが、週刊少年ジャンプ編集部に“最大の事件”と評されるほど大きな話題に。そして「ニセコイ」最終話では、万里花のお見合い相手として作中に名前が登場するという偉業も成し遂げました。

 原作が完結し、最近ではYさんの話題を聞くことも少なくなっていましたが、変わらず万里花への愛を貫いているようで安心しました。この愛は永遠だ……。

最終更新:10/19(水) 16:29

ねとらぼ