ここから本文です

生田斗真ら集結「土竜の唄」新ビジュアルを原作者・高橋のぼるが描き下ろしで再現

映画ナタリー 10/19(水) 19:33配信

生田斗真が主演を務める「土竜の唄 香港狂騒曲」の原作者・高橋のぼるによる描き下ろしビジュアルが公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

高橋が自ら志願して描き下ろしたのは、“アンサービジュアル”。主人公・菊川玲二を演じる生田や、瑛太、本田翼、菜々緒、古田新太、仲里依紗、堤真一らが顔をそろえたメインビジュアルをそのまま再現した。高橋は「公開に向けて、私の魂もお祭り騒ぎです!」とコメントしている。

本作は、2014年に公開された「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」の続編。香港を舞台とした原作コミックの「チャイニーズマフィア編」にあたるストーリーが展開される。前作と同じく三池崇史がメガホンを取り、宮藤官九郎が脚本を手がけた。

「土竜の唄 香港狂騒曲」は12月23日より全国東宝系でロードショー。



(c)2016「土竜の唄」製作委員会 (c)高橋のぼる・小学館

最終更新:10/19(水) 19:33

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]