ここから本文です

「プリンセスメゾン」ドラマ化記念し全8話をアンコール掲載、場面写真も公開

コミックナタリー 10/19(水) 21:50配信

池辺葵「プリンセスメゾン」3巻が、本日10月19日に発売された。

「プリンセスメゾン」は自らの家について考える女性を描く群像劇。“運命の物件”を求め1人でモデルルームを回り続ける主人公・沼越さんをはじめとする独身女性が、それぞれの理想のマイホームについて考えたり探したりする姿を淡々と描く。同作を原作としたテレビドラマは、10月25日よりNHK BS プレミアムにてオンエア。

【この記事の関連画像をもっと見る】

なお「プリンセスメゾン」が連載されているWebサイト・やわらかスピリッツ(小学館)では、ドラマ化を記念し、本日から25日までの間、毎日同作のアンコール掲載を行っている。読んだことがある人もない人も、ドラマの放送に備えて物語をおさらいしておこう。なお順次掲載される全8話のエピソードは、31日まで読むことができる。

また沼越幸役の森川葵や、伊達政一役の高橋一生が登場するドラマの場面写真も公開に。NHKの「プリンセスメゾン」公式サイトでは、予告編も配信されている。

テレビドラマ「プリンセスメゾン」
放送局:NHK BS プレミアム
原作:池辺葵
脚本:高橋泉、松井香奈
制作統括:出水有三(NHK)、齋藤寛朗(カズモ)
演出:池田千尋、大橋祥正
日時:2016年10月25日(火)より毎週火曜日23:15~23:44(全8回)
出演:森川葵、高橋一生、陽月華、舞羽美海、志尊淳、深川麻衣 ほか

最終更新:10/19(水) 21:50

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]