ここから本文です

死んだはずの人間が生き返り賭けた戦いに、成家慎一郎の新作1巻

コミックナタリー 10/19(水) 22:40配信

ウルトラジャンプ(集英社)にて連載されている、成家慎一郎の新作「ラパス・テーマパーク」1巻が、本日10月19日に刊行された。

「ラパス・テーマパーク」は不慮の事故で命を落とした青年・赤星十和が主人公。死んだはずの彼だったが、生前の記憶を具現化できるという、謎の異空間「ラパス・テーマパーク」で目を覚ます。十和は毎日決まった時間にのみ現れるキリン頭の男・ラパスを倒せば、生き返ることができると知り……。

また単行本の刊行を記念し喜久屋書店、三洋堂書店、とらのあなでは購入者に特典を配布。なお「ラパス・テーマパーク」は2カ月連続での単行本刊行を予定しており、2巻は11月18日に発売される。

最終更新:10/19(水) 22:40

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]