ここから本文です

【MLB】望みつないだブルージェイズ、「どれだけ重要な日か分かっていた」

ISM 10/19(水) 15:12配信

 ア・リーグ優勝決定シリーズ3試合でわずか3得点。自慢の強力打線が沈黙して追い詰められたトロント・ブルージェイズが、ついに第4戦で真価を発揮した。

 試合前にはチームメイトを叱咤激励したジョシュ・ドナルドソン三塁手が、3回に貴重な先制ソロアーチ。その後も得点を重ねたブルージェイズは5対1で快勝した。「試合前に自分がチームメイトに言ったことを、あまり漏らしたくはない。だけど明言できることは、この一戦に対するみんなの注意力、集中力、そして理解度を高めようという目的があって言ったということ。当たり前のことだけど、みんなも今日がどれだけ重要な日かは分かっていた。でもそれと同時に、僕自身がどのような気持ちでこの日を迎えたかを話して、よりこの日の大切さを強調したかったんだよ」とドナルドソンは語った。

 一方、キャリア初の中3日での先発で5回2失点ながら敗れたクリーブランド・インディアンスのコリー・クルバー投手は、「調子はよかった。身体的に影響はなかったと思う。ドナルドソンには失投をしてしまった」とコメント。「俺たちはワールドシリーズまであと1勝のところにいるんだ。今はそこに集中しているよ」と次戦に気持ちを切り替えていた。(STATS-AP)

最終更新:10/19(水) 15:12

ISM

なぜ今? 首相主導の働き方改革