ここから本文です

高畑充希『とと姉ちゃん』後の悩み “しっかり者”イメージ定着に「やばい」

オリコン 10/19(水) 13:53配信

 女優の高畑充希(24)が19日、都内で行われた『docomo2016-2017冬春 新サービス・新商品発表会』に出席。1日に最終回を迎えたNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で活躍した年になったが、「変な感じです。高畑充希っていうのがいて、私がいて、距離感あります。別の人みたいな」と複雑な心境を告白した。

【全身ショット】黒のパンツスタイルで登場した高畑充希

 『とと姉ちゃん』での役柄のように「大きい役をやらせていただいたので、試験やりそうとか、リーダーシップとりそうって言われることが増えました。私は性格が逆なので、どうしようって思っています。ちゃんとしなきゃいけないのかな」と悩みを吐露。

 自身は「番組出てマイク付けたまま次に行くのを2回連続でやった」「バラバラの(柄が違う)靴下をはいていた」など、抜けているエピソードを明かしたが、その後も報道陣から文章力がありそうと言われると「それ『とと姉ちゃん』のイメージですよね? やばいな、どうしよう」と苦笑。

 世間では“ととロス”と終了を惜しむ声もあったが、自身は「無事に倒れず完走することができた。今は舞台の稽古をしていて、そっちに夢中です」と新たな仕事に意気込んでいた。

最終更新:11/4(金) 16:21

オリコン

なぜ今? 首相主導の働き方改革