ここから本文です

スピードワゴン、井戸田父の葬儀で漫才「喜んでくれたらうれしい」

オリコン 10/19(水) 14:32配信

 お笑いコンビ・スピードワゴンが19日、都内で行われた『Amazon Kindle 電子書籍リーダー』新製品お披露目会に出席した。先日、井戸田潤(43)の父・富隆(よしたか)さん(享年83)が死去したことが明らかになったが、井戸田は「覚悟はできていた。寂しいし悲しいけど、仕方がない。運命ですから」と気丈に語った。

【写真】プレゼントに大喜びしていたスピードワゴン

 葬儀・告別式にはコンビそろって参列。相方の小沢一敬(43)は、井戸田が親族代表としてあいさつしたことを明かし、「『小沢さん前に来て!』と言われて、お父さんの棺桶の前に呼び出されて、いきなり2分くらいの短めの漫才をした」と告白。

 突然のことに戸惑ったそうだが「お父さんの旅立つ日になかなかのことを経験させていただいた」と振り返り、「(井戸田の)お父さんもお母さんも明るい方なので、(漫才は)ウケなかったけど、やってよかったなと思いました」と笑顔。井戸田も「言葉が合ってるかわからないけど、華やかなお葬式でした。喜んでくれていたらうれしい」と話した。

 この日の会見では、新モデル『Kindle PaperWhite 32G マンガモデル』の日本限定販売を発表。70巻以上の人気シリーズも持ち運ぶことができる。本日より予約注文を開始し、21日に販売される。

 イベントでは、2人にひと足早く新モデルをプレゼント。自他共に認める“活字中毒”だという小沢は「本当にうれしい。これが欲しかった」と大喜びしていた。

最終更新:10/20(木) 18:08

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]