ここから本文です

新人賞受賞作が本誌連載へ 『サンデー』で“大型新人”がデビュー

オリコン 10/19(水) 18:29配信

 きょう19日発売の『週刊少年サンデー』(小学館)より、新人作家・三ツ橋快人氏の漫画『RYOKO』の連載がスタートした。同作は『新世代サンデー賞』大賞を受賞しており、受賞作がそのまま本誌連載となるのは異例のこととなる。

【画像】三ツ橋快人氏の新連載『RYOKO』予告カット

 漫画家デビューの多くは、通常編集部への持ち込み、新人賞受賞、読み切り作品の掲載を経て、本誌連載となる。受賞作がそのまま連載となるのは、『週刊少年サンデー』史上では、『帯をギュッとね!』(河合克敏氏)、『うしおととら』(藤田和日郎氏)以来。

 連載に抜てきした、同誌の市原武法編集長は「今回の新連載『RYOKO』は、今すぐに読者の皆様に届けるべき作品だと強く感じたのです。そこには常識や先入観、過去の成功の方程式などは必要ありませんでした」とコメント。「少年サンデーは今、次々と若き才能たちが躍動し始めてくれています。そして今後も若き才能の大抜てきを続けていきます」と話している。

最終更新:10/19(水) 18:29

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]