ここから本文です

野村萬斎主演『花戦さ』 主要キャスト11人の劇中姿を初披露

オリコン 10/20(木) 5:00配信

 狂言師の野村萬斎が主演する映画『花戦さ』(2017年6月3日公開)の新たな出演者たちが発表され、主要キャスト11人の劇中姿が初披露された。

【写真】ヒロインの天才絵師を演じる森川葵

 同作は、鬼塚忠氏の小説『花いくさ』(角川文庫刊)を篠原哲雄監督が映画化。戦国時代、時の天下人である豊臣秀吉に花僧・池坊専好が刃ではなく花をもって仇討する物語。

 萬斎が専好を演じるほか、専好と対立する秀吉を市川猿之助、専好と深い友情と信頼を築き共に美を追い求めた茶人・千利休を佐藤浩市、織田信長を中井貴一、前田利家を佐々木蔵之介、ヒロインの天才絵師“れん”を森川葵、専好の幼馴染・吉右衛門を高橋克実が演じることが発表されていた。

 今回新たに、専好の兄弟子・専伯(せんぱく)を山内圭哉、専好の弟弟子・専武(せんぶ)を和田正人、秀吉を支える智将・石田三成を吉田栄作、専好の良き相談相手として頼りにする尼・浄椿尼(じょうちんに)役で竹下景子の出演が明らかになった。

 キャストの発表を受けて、萬斎は「豪華で個性豊かなキャストたちとお手合わせをする楽しさ・緊張感は一つの大きな醍醐味でした。ドラマの中では、対決の部分と仲間意識というものとのコントラストが場面ごとにあり、それぞれとの演技の掛け合いで造形されていった部分が多くあったかと思います」とコメントを寄せた。

 主要キャストが勢ぞろいしたビジュアルは、横幅約5メートル50センチ×高さ約2メートル40センチの大パネルとなり、11月9日~14日の間、京都高島屋にて開催される旧七夕会池坊全国華道展にて展示予定。

最終更新:10/20(木) 21:56

オリコン