ここから本文です

わずか5台のレンジローバーイヴォーク特別モデルをウェブ限定販売

オートックワン 10/19(水) 11:34配信

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、レンジローバーイヴォークの世界限定モデル「レンジローバー イヴォーク エンバー リミテッドエディション」の販売を、10月17日からランドローバー公式サイト内の応募ページで開始した。

このニュースの写真を見る

今回日本に導入するモデルは、世界で販売される限定600台のうちのわずか5台。購入希望者が多い場合は抽選となる。価格(消費税込)は905万円。

レンジローバー イヴォーク エンバー リミテッドエディションは、2017年モデルの「HSE ダイナミック」をベースにした特別仕様車で、「EMBER(エンバー)」という言葉が意味する「燃えさし(木炭が燃えて赤くなっている部分)」の色を表現した、ユニークな赤と黒のコントラストのある内外装が特徴。

プレミアムメタリック・サントリーニブラックのボディに、フィレンツェ・レッドのコントラストルーフ、レッドのフロントとリアのトウイング・アイフィニッシャーなどのエクステリア・デザインが、イヴォークの個性をさらに際立たせた。

インテリアには、ピメント・コントラストステッチをアクセントとした、オックスフォードレザーのエボニーシート、グロスブラック・ストラータトリムのインテリア・フィニッシャーズを採用した。明るく開放的な空間を実現するパノラミックグラスルーフも装備しており、モダンで心地よい空間が広がる。

また、ブラインド・スポットモニター、レーンデパーチャー・ワーニング(車両逸脱警告機能)、自動緊急ブレーキ、ACCキューアシスト機能、インテリジェント・エマージェンシー・ブレーキアシストなどドライバー支援システムを備えていると同時に、リアバンパーの下で足先を軽く横に振るだけでテールゲートを操作できる、ハンズフリー・パワー・テールゲートや、高速かつ直感的なタッチ操作が可能な10.2インチのタッチスクリーンを搭載したインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」も搭載した。

最終更新:10/19(水) 11:34

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。