ここから本文です

「ガッキーも源ちゃんもかわいすぎかっっ!」ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」出演者の魅力に視聴者悶絶。家族の問題には「ジンとくる」

E-TALENTBANK 10/19(水) 11:19配信

18日、第2話が放送された新垣結衣主演のTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。

海野つなみの同名漫画「逃げるは恥だが役に立つ」が原作のこのドラマでは、主人公の森山みくりを新垣結衣が、みくりに契約結婚の提案をする35年間恋愛経験のない男性・津崎平匡を星野源が演じる。“就職としての結婚”をテーマに、雇用関係として契約結婚した2人を描く物語で、新しい「結婚」の形、そして「仕事」について考えさせられるとともに、個性豊かな登場人物たちとの人間関係も交えて描かれる、笑って泣いてキュンとする社会派ラブコメディだ。

第2話では、契約結婚することを決めた森山みくり(新垣結衣)と津崎平匡(星野源)が“契約結婚”ということを内緒にしながら双方の家族を集めた顔合わせの食事会を切り抜ける様子や、早くもその秘密の関係が周囲に疑われ始めるなど、“契約結婚”という特殊な関係性が困難に見舞われる…という展開を見せた。

次から次へと突きつけられる問題に対して「契約結婚の事実を隠す」という共通の目標のために協力し合うみくりと津崎の様子、そしてコミカルながらもきゅんとさせる部分も残した関係性に、視聴者からはTwitterで「ガッキーも源ちゃんもかわいすぎかっっ!」「萌の塊具合がすごい。ぎゅっ!ぎゅっ!濃縮か!」「星野源さんも新垣結衣さんも可愛すぎるよな。ずるい。可愛い。」「にやけが止まらない笑」「かわいすぎて終始ニヤニヤしちゃう。」という感想が殺到した。

また、この回では、森山家・津崎家双方の家族間の様子がしっかりと描かれており「あんなに笑いながらほっこりして家族と仕事のあり方考えさせられるなんて素敵な作品だわ~」「両家顔合わせの後のみくり家族と津崎家族のやり取りにジーン…」「結婚と家族っていう事実って重いなあ」「2組とも良い家族関係だな・・・こっちまでジンとくる」との意見も多く見られた。

最終更新:10/19(水) 16:32

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]