ここから本文です

強力布陣でジャパンと対戦へ! ウェールズ代表にハーフペニーなど復帰

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 10/19(水) 12:15配信

 11月19日に日本代表と対戦するウェールズ代表のロブ・ハウリー ヘッドコーチ代行が、今秋のテストシリーズへ向けスコッド36名を発表した。

パナ・北川智規、大台達成ならず。「99」の次を逃し、「やってもうた!」。

 欧州屈指のキッカーと称されるFBリー・ハーフペニーが代表復帰。昨年のワールドカップ開幕直前に右膝の靭帯を断裂して同大会欠場を余儀なくされ、今年6月のニュージーランド遠征も不参加だったが、所属するトゥーロンでゲームを重ねてハイパフォーマンスを見せており、14か月ぶりに国際舞台に帰ってくる。ハーフペニーと同じくブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズの経験を持つWTBアレックス・カスバートとバックローのダン・リディエイトも、怪我で今夏のオールブラックス戦を断念していたが、レッドドラゴンズに戻ってきた。

 また、所属するカーディフ・ブルーズの試合中に頬骨を折って今月上旬に手術を受けた主将のFLサム・ウォーバートンは、今週末の欧州チャレンジカップで戦列復帰する予定で、11月のテストシリーズに間に合いそうだ。

 ウェールズラグビー協会は国外に拠点を置くプレーヤーの代表選出を減らす新方針を立てており、イングランドのクラブに所属しているCTBジェイミー・ロバーツ(ハリクインズ)、WTBジョージ・ノース(ノーサンプトン・セインツ)、そして膝をリハビリ中のNO8トビー・ファレタウ(バース)が“ワイルドカード”として選出された一方、2015年ワールドカップメンバーのSOリース・プリーストランド(バース)は落選した。

 ニューフェイスは2人で、2013年のIRB(現ワールドラグビー)年間最優秀ジュニア選手賞に選ばれたSOサム・デーヴィスと、昨年のU20ウェールズ代表主将であるLOローリー・ソーントンが初キャップ獲得を目指す。

 ウェールズ代表は11月に地元カーディフのプリンシパリティ・スタジアム(ミレニアム・スタジアム)で、オーストラリア代表(5日)、アルゼンチン代表(12日)、日本代表(19日)、南アフリカ代表(26日)とのテストマッチが組まれており、来年7月までブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズの仕事に専念するウォーレン・ガットランド ヘッドコーチに替わり、ロブ・ハウリー アシスタントコーチが指揮する。

<2016秋 ウェールズ代表スコッド>

【PR】
スコット・アンドリューズ(カーディフ・ブルーズ/12 caps)
トマス・フランシス(エクセター・チーフス/14 caps)
リース・ギル(カーディフ・ブルーズ/6 caps)
ゲスィン・ジェンキンズ(カーディフ・ブルーズ/126 caps)
サムソン・リー(スカーレッツ/28 caps)
ニッキー・スミス(オスプリーズ/3 caps)

【HO】
スコット・ボルドウィン(オスプリーズ/24 caps)
クリスチャン・デイシー(カーディフ・ブルーズ/3 caps)
ケン・オーウェンズ(スカーレッツ/42 caps)

【LO】
ジェイク・ボール(スカーレッツ/20 caps)
ルーク・チャータリス(バース/68 caps)
ブラッドリー・デーヴィス(オスプリーズ/56 caps)
アラン=ウィン・ジョーンズ(オスプリーズ/102 caps)
ローリー・ソーントン(オスプリーズ/―)

【FL/NO8】
ダン・ベイカー(オスプリーズ/3 caps)
トビー・ファレタウ(バース/61 caps)
ジェームズ・キング(オスプリーズ/8 caps)
ダン・リディエイト(オスプリーズ/57 caps)
ロス・モリアーティ(グロスター/9 caps)
ジャスティン・ティプリック(オスプリーズ/43 caps)
サム・ウォーバートン(主将/カーディフ・ブルーズ/67 caps)

【SH】
ガレス・デーヴィス(スカーレッツ/17 caps)
リース・ウェッブ(オスプリーズ/22 caps)
ロイド・ウィリアムズ(カーディフ・ブルーズ/27 caps)

【SO】
ガレス・アンスコム(カーディフ・ブルーズ/8 caps)
ダン・ビガー(オスプリーズ/48 caps)
サム・デーヴィス(オスプリーズ/―)

【CTB】
ジョナサン・デーヴィス(スカーレッツ/56 caps)
タイラー・モーガン(ニューポート・グウェント・ドラゴンズ/3 caps)
ジェイミー・ロバーツ(ハリクインズ/83 caps)
スコット・ウィリアムズ(スカーレッツ/38 caps)

【WTB/FB】
ハラム・エイモス(ニューポート・グウェント・ドラゴンズ/10 caps)
アレックス・カスバート(カーディフ・ブルーズ/42 caps)
リー・ハーフペニー(トゥーロン/62 caps)
ジョージ・ノース(ノーサンプトン・セインツ/62 caps)
リーアム・ウィリアムズ(スカーレッツ/35 caps)

最終更新:10/19(水) 12:15

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)