ここから本文です

新日鉄住金、店売厚板11月5000円上げ

日刊産業新聞 10/19(水) 11:46配信

 新日鉄住金は厚板の店売りについて2016年11月積み契約からトン当たり5000円値上げ、本年6月積みの同5000円と合わせ、累計1万円引き上げる。ひも付きでも本年度下期に同1万円レベルの価格改善に取り組む方針を固め、造船、建・産機などのユーザーに申入れを開始した。原料炭価格が10―12月輸入価格契約が前期比2・2倍の200ドルに急騰するなど鉄鋼原料の市況高騰を受け、一段の値上げに踏み切る。厚板事業は厳しい環境下にあり、第一段階として11月積みからの値上げに着手、来月以降も市場動向を見て、さらに追加値上げを検討していく方針だ。大幅な生産コストの上昇となり、再生産可能な価格水準を念頭に収益改善を急ぐ。

最終更新:10/19(水) 11:46

日刊産業新聞