ここから本文です

議会を欠席し、ネパールで登山。徳島県阿波市議会 藤川豊治氏のプロフィール

選挙ドットコム 10/19(水) 16:46配信

議会を欠席し、ネパールで登山。徳島県阿波市議会 藤川豊治氏のプロフィール

徳島県阿波市議会議員の藤川豊治氏が9月29日に行われた市議会の本会議を欠席し、ネパールに旅行していたことが明らかにされました。

本会議を欠席した藤川豊治氏は当初、本会議を欠席する理由を「健康診断のため」と届けていましたが、ネパールで登山をするために欠席していました。10月18日に副議長の辞職願を提出しています。議員辞職については「支援者と相談して決めたい」として、明言を避けています。

市議会議員選挙は2009年より

藤川豊治氏は現在70歳。2009年に行われた徳島県阿波市議会議員の補欠選挙に当選後、現在まで3期を務めています。議員になる前は四国放送での勤務などを歴ています。

直近の阿波市議会議員選挙は2014年3月30日に行われていますが、その際の得票数は816票。22名の当選者の内、21位の順位でした。
今年6月に副議長に就任していましたが、10月18日に辞職願を提出しています。

「キャンセル料」がかかるから

藤川豊治氏は登山が趣味とのことで、これまでヒマラヤにも過去何度も遠征しているそうです。
今回は3人でヒマラヤ山脈にある標高6,470mのメラ・ピークという山を訪れる計画でした。2年前から準備を行なっており、登山にベストな秋に行こうとしていたため、日程が9月の本会議と重なっていました。



本会議の日程と重なっていることには気付いていたものの、
「70歳ということで体力が落ちてきていましたので、毎日3kmから5kmのトレーニングやランニング行い、10km走れる体力を作っていた」
「キャンセルすると、25%のキャンセル料がかかる」

ことを理由に、登山を諦められなかったと述べています。

また、欠席の理由を「健康診断」としていたことに対しては、
「プライベートな理由で欠席するのは悪いと思った」

と述べています。

9月29日に出発し、その後1週間以上も連絡が付かなかったという状況もあり、大きな問題となっています。

選挙ドットコム編集部

最終更新:10/20(木) 14:01

選挙ドットコム

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。