ここから本文です

BMW 新型5シリーズが登場!新たに運転支援システムを採用したほか、ガソリン、ディーゼル、PHVと多彩なエンジンラインアップに!

オートックワン 10/19(水) 11:50配信

7代目 新型5シリーズ登場!

1972年に初代モデルが登場してから44年、独BMWは7代目となる同社の中型セダン、新型5シリーズを発表した。

BMW 新型5シリーズ(画像121枚)

Eクラスにも引けを取らない運転支援システム搭載

現行モデルのF10系から6年ぶりにフルモデルチェンジが行われた新型5シリーズは、新たに運転支援システムが採用され、ライバルであるメルセデス・ベンツ 新型Eクラスに対抗する形となった。

新型5シリーズでは、ブレーキ作動付きのレーダーを利用した接近コントロール警告を含むアクティブ・クルーズ・コントロール(ACC)や、これに連動してアクセルやステアリング操作まで自動化する「レーン・チェンジ・アシスタント」や「レーン・キープ・アシスタント」機能などを搭載。さらに、同社のフラグシップモデルである7シリーズで初採用した「リモート・パーキング・システム」も備えている。

先代から若干のサイズアップも、100kgの軽量化を実現

気になる新型5シリーズのボディサイズは、全長4935×全幅1868×全高1466mm、ホイールベース2975mm。先代モデルからは全長+36、全幅+6、全高+2mm。ホイールベースは+7mm。さらに、素材には高張力鋼やアルミニウム、マグネシウムが用いられ、先代5シリーズよりも最大で100kgの軽量化を実現している。

エクステリアは、BMWの象徴的デザインであるキドニーグリルが、空気抵抗を削減するアクティブシャッターとして機能するほか、ボディ全体にもエアカーテンやエアブリーザーなど、多くのエアロダイナミクステクノロジーを採用し、ボディの周囲やそこを通り抜ける空気の流れが最適化されている。

快適な室内空間

インテリアは、センターパネルがドライバー側に若干傾けられ、ドライバー重視のコクピットを演出。中央には10.25インチのワイドディスプレイが備わり、最新バージョンのインフォテインメント・システム「iDrive」は、ジェスチャーや声にも反応する。

また、室内は防音材を豊富に使用しており、静かな空間を作り出すほか、リアシートにはマッサージ機能も装備され、快適なドライブを演出する。

1/2ページ

最終更新:10/19(水) 11:50

オートックワン