ここから本文です

浦安の路上で男女3人刺される 刃物女を逮捕

千葉日報オンライン 10/19(水) 11:09配信

 18日午後4時半ごろ、浦安市海楽2の路上で、女が人を刺しているなどと110番があった。千葉県警によると、男女3人が女に刃物のようなもので相次いで切りつけられけがを負ったが、いずれも命に別条はないという。浦安署は同日、殺人未遂の疑いで、包丁を持っていた近くに住む自称無職、瓜生裕美容疑者(32)を現行犯逮捕した。

 県警によると、けがをした3人はいずれも同市在住の男性(51)と20代の女性2人。男性が腰を、28歳の女性が右わき腹を刺された。もう1人の会社員女性(23)は包丁を押さえようとした際に両手のひらにけが。

 逮捕容疑は会社員女性を包丁を突き刺し殺害しようとし、女性の両手に軽傷を負わせた疑い。女性との面識はなく、瓜生容疑者は「悩むことが限界になり、やけになってしまい人を刺してしまった」などと容疑を認めている。県警では瓜生容疑者の夫からも事情を聴き、責任能力の有無も含め調べている。

 同市北栄の女子高生(16)は「いつも通る帰り道なので怖い」。瓜生容疑者と同じアパートの隣の部屋に住む建設業、日笠睦基さん(37)は「春ごろ引っ越してきた。隣に住んでいてこれまでに変な感じはなかった」と話した。

 現場はJR京葉線新浦安駅の北西約1キロの住宅街。

最終更新:10/19(水) 11:34

千葉日報オンライン