ここから本文です

東京製鉄、米鉄スクラップを輸入

日刊産業新聞 10/19(水) 11:48配信

 業界関係筋によると、東京製鉄は米国産鉄スクラップを輸入する。米国のスクラップ規格であるHMSなどを中心に3万8000トン前後を、2016年11―12月入着で購入するもよう。契約価格はトンあたりCFR215ドルとみられる。到着地候補は岡山工場、田原工場が有力。東鉄による本格的な鉄スクラップ輸入は3年ぶり。

最終更新:10/19(水) 11:48

日刊産業新聞