ここから本文です

知英(ジヨン)が実践した、オススメの英語勉強法とは?

TOKYO FM+ 10/19(水) 12:04配信

TOKYO FMの番組でメインMCをつとめる、女優の知英(ジヨン)。10月12日放送の「スウィート・知英・チャリティ」のコーナーでは、今では語学に堪能な知英が、ロンドン留学時代に英会話で悔しい思いをしたエピソードを話してくれました。

リスナー「『スウィート・チャリティ』観に行きました。ジヨンさん、輝いていましたね。特に最後のシーンでは、チャリティの鬼気迫るセリフ、ダンス、歌に心を揺さぶられました。以前からミュージカルには興味があったのですが、今回の公演を観て、ほかのミュージカルも観たくなりました。きっかけを与えてくださり、ありがとうございました!」

知英「こちらこそ、ありがとうございました! いや~『スウィート・チャリティ』、楽しかったねぇ……。さて、ここからの時間は『スウィート・知英・チャリティ』。あなたからのこの一週間で起こったニュースを大募集! 良い事があった人には、もっと良い事がありますように。良い事がなかった人には良い事が起こるように! この私が、愛のこもった“スウィート・チャリティ・メッセージ”を送るわよ。じゃぁこちら!」

リスナー「私の今週の出来事は、ちょっとスペシャルでした。ピザ屋でアルバイトをしているのですが、ある日いつものように注文の電話に出たら『Hello!』と言われました。私は小さい頃から英会話の練習をしているので、とっさに対応できたのですが、いきなり英語だとビックリしてしまいますね。でもこれまでの英会話の経験を活かせたので、I feel Happy!」

知英「Oh,Amazing! 私まで幸せな気分になりました。私も英語を勉強しているんですけど、ロンドンに留学していたときは、最初の1ヵ月間、まったく聞き取れないし話せないし読めないし……で大変だったの。ある日パンが食べたくてカフェに入ったんです。おいしそうなパンがいっぱい並んでいて、その中から注文したんだけどね、食べたいものとは違うパンが出てきて……。私の英語が間違ってたんだろうね。『私、そんなに英語ができないんだ』と思って、すごくショックだった。その日をきっかけに、友達と徹底的に英会話の練習をしました。それで後日、お店に入ってメニューを見て、ドキドキしながら注文したらちゃんと欲しいメニューが出たの! 頑張ったらちゃんと相手に伝わるんだなぁってすごく嬉しかったです。だからリスナーさんみたいに、英語が通じたときの嬉しい気持ちはとてもわかりますよ。

今、私は日本語を話していて、英語も勉強して、中国語もちょっと勉強してるんだけど、いろんな言語を話せるとその国の友達ができるから世界が広がる気がするよね。あと最近はテレビのニュース番組を観るようにしています。前はニュースを観てても知らない単語ばっかりだったけど、最近はわかるようになったの。そんな自分にビックリです。ロンドンにいるときは新聞を読んで英語の文法を学んでました。この勉強法はホントにオススメ! たまにリスナーさんからも『英語をもっと勉強したいです』というメッセージがくるけど、ぜひやってみてください~!

では、リスナーさんがさらに英語でいろんな人とコミュニケーションが図れるように、“スウィート・チャリティ・メッセージ”を送ります!

継続は力なり! 継続は力なり! 継続は力なり! Keep going!」


(TOKYO FMの番組「知英(ジヨン)の季節」10月12日放送より)

最終更新:10/19(水) 12:04

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]