ここから本文です

補選の実施が確実に 富山市選管の対応は/富山

チューリップテレビ 10/19(水) 20:35配信

 富山市議会の解散がなくなったことで、補欠選挙が行われることが確実になりました。

 富山市選挙管理委員会は、対応に追われています。
 富山市選挙管理委員会には、このところ、補欠選挙に関する問い合わせが相次いでいます。
 初めて選挙への立候補を検討する人も多く、立候補に必要な条件や手順についての質問が多いということです。

 「それだけ市民の関心が高いということ。選管としては管理執行に万全を期して、市民の方には迷惑かけないようやっていきたい」(富山市選挙管理委員会・奥井聡事務局次長)

 今月15日におこなわれた市議補選の立候補予定者の説明会には、欠員13に対し、41の陣営が出席しました。
 市の選管によるとその後、立候補の取り止めや新たな候補者が現れ、現段階での立候補予定者は37陣営ほどになっています。
 選管では、候補者のポスター掲示板を20人分用意していましたが40人分に拡大し、候補者に配る腕章も40人分に増やす予定です。
 補欠選挙の立候補届け出書類の事前審査は20日と21日おこなわれ、今月30日告示、来月6日投開票です。

チューリップテレビ

最終更新:10/19(水) 20:35

チューリップテレビ

なぜ今? 首相主導の働き方改革