ここから本文です

ダイハツ 新型ムーヴキャンバスにターボ車はでる?担当者に聞いてみた!

オートックワン 10/19(水) 14:40配信

【初心者向け解説】

9月7日に発売となったダイハツの新型 ムーヴキャンバス は発売から1ヵ月で2万台を受注しています。

>> 新型ムーヴキャンバスを写真で見る

発表直後から注目を集めていましたが、ユーザーから「ターボ車の設定は!?」との声が多く聞かれたので、こちらは直接担当者に確認してみました。

新型ムーヴキャンバスについてまだよく知らないという方もいると思うので、いま売れている注目モデル!新型ムーヴキャンバスの特徴と共に紹介します。

新型ムーヴキャンバスってどんなクルマ?

新型ムーヴキャンバスは主に女性をターゲットに企画・開発されたモデルです。しかし発売直後から、見た目はもちろん、収納面に優れていることや両側スライドドアなど使い勝手が優れていることが男性からも好評のようです。

また、国内で初めて登場した 置きラクボックス や、夜間の運転でも安心のステアリング連動ヘッドランプAFSを軽自動車で初採用しています。この他にも、ダイハツ車として初の パノラマモニター など幅広い世代の使いやすさを考えた新アイテムを採用しました。

17種類の豊富なボディカラー!1番人気色を聞いてみた!

そしてなんと言っても豊富なボディカラー!通常の1色使いのモノトーンカラー9種類に加え、2色使いのストライプスカラーが8種類の計17種類が設定されています。これだけ豊富だと自分好みのボディカラーが見つかりそうですね。

では一体何色が人気なのか?気になったのでダイハツ広報の方に聞いてみたところ、発売から1ヵ月の時点では、パールホワイト×ファインミントメタリック、次いでパールホワイト×ナチュラルベージュマイカメタリックが人気なんだそうです。どちらも2トーンのストライプスカラーでした。

エクステリアやインテリアの特徴は?

シンプルなデザインと水平基調のロングキャビンがスタイリッシュでオシャレなエクステリアを実現しています。中でも、指輪をイメージしたリングと3粒のクリアランスランプを加えたデザインが特徴のBi-Angle LEDヘッドランプは女性から好評。

また、XグレードとGグレードに設定した メイクアップ では、様々なメッキ加飾や、リアコンビランプをクリアクリスタルにし、上質感が高まりました。

インテリアでは、センターメーターを採用することで運転席周りをすっきりとさせています。シートは、プレーンで飽きのこないデザインなのでナチュラルで心地よさを感じる空間に。

また、室内を自分仕様にコーディネートできるメイクアップでは、メッキ加飾と自分らしさを表現できるインテリアアクセントカラーを選択することができます。また、シートはソフトタッチな表皮と専用のシートパイピングで仕立ての良さを強調しています。

1/3ページ

最終更新:10/20(木) 10:13

オートックワン