ここから本文です

国鉄最大出力の電気機関車EF66、運転室を常時公開に 鉄道博物館

乗りものニュース 10/19(水) 15:15配信

現在も貨物列車をけん引

 鉄道博物館(埼玉県さいたま市)は2016年10月19日(水)、同日からその「ヒストリーゾーン」で展示しているEF66形電気機関車の運転室を常時公開にすると発表しました。

 EF66形は3900kWという国鉄で最大の出力を持ち、1968(昭和43)から量産機が製造された、直流の電気で走る機関車。現在も貨物列車をけん引しているほか、かつては寝台特急「ブルートレイン」の先頭に立った車両もありました。

「高速貨物列車けん引のために製造され、国鉄最大出力を誇った電気機関車の、独特のデザインの運転室からの眺めを、ぜひご体験ください」(鉄道博物館)

 鉄道博物館の開館時間は10時から18時(入館は17時30分まで)で、毎週火曜日と年末年始は休館です。

乗りものニュース編集部

最終更新:10/19(水) 16:38

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。