ここから本文です

魚津の中学生 藤井選手とボッチャを体験/富山

チューリップテレビ 10/19(水) 20:55配信

 リオデジャネイロパラリンピックのボッチャ団体で銀メダルを獲得した魚津市出身の藤井友里子さんが、地元の中学校でボッチャ体験会を開きました。
 藤井選手が訪れたのは、地元・魚津市の東部中学校。2年生を前に、ボッチャの体験会を開きました。

 ボッチャは、赤や青のボールを投げ、白い球にいくつ近づけられたかで得点を競います。
 藤井選手の的確な投球に対し、子どもたちは力加減が分からない様子でしたが、藤井選手から、ボールのねらい方など丁寧な指導を受け、楽しんでプレーしていました。
 「ボールに近づけるのが難しかった」「楽しかった。難しかった。球が重たかった」「銀メダルでも十分すごいのに、東京オリンピックに向けてすごい練習しているってところを尊敬している」(生徒)

 また、パラリンピックの銀メダルを直接触らせてもらい、地元のメダリストの偉業を実感した様子でした。

 「自分が楽しいとか、自分がやりたいということを見つけてもらって、それに夢や目標を持つことを分かってもらえたら嬉しい」(藤井友里子選手)

チューリップテレビ

最終更新:10/19(水) 20:55

チューリップテレビ