ここから本文です

キム・カーダシアンの強盗事件の犯人、内部関係者説が濃厚に?

ELLE ONLINE 10/19(水) 20:29配信

雑誌『USウィークリー』はパリ警察の捜査情報を入手。それによると現在、警察は道路に設置された交通状況を監視するカメラで犯人たちの動きを検証中で「犯人たちはキムの部屋に49分留まっていた」ことが判明。これまでの証言では数分の犯行だったとみられていたけれど、どうやら様子は違うよう。関係者は「誰にも通報されずに、犯人たちがそんなに長いあいだ動き回れたことは信じられない」ともコメント。

【写真】カーダシアン家の華麗なるパーティーをランキングで振り返り!

また犯人は5人組と報じられているけれど、そのうちの3人は最初に自転車で犯行現場となったキムのレジデンスに到着。関係者は「彼らは明らかにメインの玄関のセキュリティコードを知っていて、何の問題もなく入れた」「その14分後に残りの2人が徒歩で現れて、メインの玄関から入っていった」と証言。そしてその49分後、カメラが5人の出て行くシーンをキャッチ。関係者は「彼らは早足で去って行ったが、とてもリラックスしていた」と語っている。

以前から「内部に情報提供者がいたらしい」と報じられていたけれど、セキュリティコードを知っていたとなると、その可能性がさらに高まったと言えそう。事件の全貌が明らかになるまで、続報も要チェック!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:10/19(水) 20:29

ELLE ONLINE