ここから本文です

西内まりや 主演映画「CUTIE HONEY -TEARS-」の主題歌に込めた思いとは?

TOKYO FM+ 10/19(水) 12:30配信

歌手、モデル、女優として活躍する西内まりやがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組の10月16日の放送では、西内の主演映画「CUTIE HONEY -TEARS-」の主題歌「BELIEVE」をピアノの弾き語りで披露しました。さらに、映画や自ら作詞したこの曲に込められた思いについて語りました。

――映画「CUTIE HONEY -TEARS-」のテーマは“涙”

今回の「CUTIE HONEY -TEARS-」は、サブタイトルに「TEARS」と付いているように“涙”をテーマにしている映画です。うれし涙、悲し涙、悔し涙……、いろんな涙がありますよね。そういった涙も感じつつ、さらに“涙を拭いて前に進んで行こう”という前向きなメッセージも含んでいます。クライマックスでは結構“グッ”とくると思いますよ。

――西内まりや作詞の主題歌「BELIEVE」は映画とリンクした前向きな曲

主題歌の「BELIEVE」を書かせていただきました。この曲は、映画を観たら、より歌詞の意味がわかっていただけると思います。
すごくしっとりとしているんですけど、映画とリンクしていて前向きな曲です。涙が流れることや立ち止まってしまうこと、“もう頑張れない”と思うこともあると思うんですけど、そんな時に「自分を信じて前に進んでいこう」と。そんな強い意志を歌った曲となっています。

――映画には永井豪先生も出演!

実は映画には、原作者の永井豪先生も出演されています。5秒くらいしっかり映っているんですよ。初めて出演されたそうで、監督から「いやらしい目でハニーを見てください」と演技指導を受けたそうです(笑)。それにすごく苦戦されていて、10テイクくらい一生懸命撮られていました。でも素敵な表情と演技をされていましたよ。見つけられなかった人は、ヒントは“階段”です。ぜひ、楽しみにしていてください。

(TOKYO FMの番組「西内まりや『for You...』」2016年10月16日放送より)

最終更新:10/19(水) 12:30

TOKYO FM+

なぜ今? 首相主導の働き方改革