ここから本文です

絶好のアピールチャンス!? キーパーのみの代表合宿にGK林「これだけ見てもらえる機会はない」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/19(水) 8:00配信

今季、リーグ戦全試合に出場中

日本代表候補に選出されたサガン鳥栖GK林彰洋が、GKトレーニングキャンプの初日を振り返り、同キャンプでの意気込みを語った。

今季も鳥栖の守護神として活躍している林は、10月にアジア最終予選を戦う日本代表からは落選となったが、代表チーム初の試みとなるゴールキーパーのみでのトレーニングキャンプには参加。17日から大阪でGK西川周作、GK東口順昭、GKシュミット・ダニエルらと共にトレーニングに励んでおり、初日の練習終了後には同キャンプでの意気込みを語った。日本サッカー協会公式サイトがコメントを伝えている。

「A代表の活動とは違いますし、GKをこれだけ見てもらえる機会もありませんので、より集中して臨んでいきたいです。監督の求めているものは代表チームで必要なものだと思いますし、それにプラスアルファ自分の良さを出していければいいですが、まずベーシックとして、監督の要求に応えられるような、そういう部分を求めていきたいです」

「筋力トレーニングも技術トレーニングももっともっと詰められる部分あると思うので、サッカーと向き合う時間を多くして、そこを高めていきたいと思います。自分の取り組んでいることも、結果が出はじめていると実感しているので、それがプレーの中でも発揮できるようにしていきたいです」

GKトレーニングキャンプは今後、19日まで実施。林は日本代表への復帰に向け、まずはトレーニングキャンプでアピールを誓う。また、林が所属する鳥栖は今後、22日に敵地で柏レイソルと対戦する。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/19(水) 8:00

theWORLD(ザ・ワールド)