ここから本文です

[Alexandros] ニューアルバム『EXIST!』解説「路線とか最初から無い」

TOKYO FM+ 10/19(水) 18:00配信

[Alexandros]の川上洋平が10月18日、TOKYO FMのレギュラー番組「SCHOOL OF LOCK! アレキサンドLOCKS!」に出演。11月9日に発売される6枚目のニューアルバム『EXIST!』の全曲解説を行いました。今回はその中から、このアルバムに自体について語った部分をお届けします。

◆◆◆◆◆◆

いよいよニューアルバム『EXIST!』の発売まで1ヶ月を切りました!
この前作り終えたと思ったらもう発売。その分できたてほやほやのホッカホカの状態で皆さんにお届けできるということでね。作り手としてはうれしいことですね。

『EXIST!』というタイトルは、実はアマチュア時代……(ドラムの庄村)聡泰君もいなかった頃なんですけど、大阪と名古屋にツアーで回ってたんです。2002年とか2003年くらいだと思うんですけど。その頃は作ってたCDもデモテープレベルだったんですけど、そのタイトルが『EXIST!』だったんです。その単語はずっと好きでいつか使いたいなと思っていて、今のタイミングだなと思ったんだよね。

この『EXIST!』ですけど、“一言で言うと?”って……。これ聞かれるんですけど、一言で言えないよ(笑)。6枚目のアルバムなんですけど、「なんか、この前のアルバムと違うね」とかね、言われたりするわけですよ。前の『ALXD』もそうだったし、その前の『Me No Do Karate.』もそうだったし。でもね、“[Alexandros]らしい”っていうのがね、“このバンドは無いんじゃないか!?”ってことにそろそろ気づいてほしいなと。“この人たち、路線とか最初から無いんだな”と知ってほしいなという思いがあって。

で、ここにきての『EXIST!』なんですけど、またよくわかんないことをやってますね。はっきり言ってね、この『EXIST!』は1枚通してどういうリアクションをもらえるのか……曲を作った者としては掲示板(感想)が楽しみだなと。だから何の前情報もなしに聴いてほしいなと思っています。

最終更新:10/19(水) 18:00

TOKYO FM+