ここから本文です

RADWIMPS「紅白出場濃厚」報道にネットでは様々な声。「嬉しすぎ」「どんどん有名になってく」「なかなか複雑」

E-TALENTBANK 10/19(水) 21:00配信

現在、大ヒット中の映画「君の名は。」の主題歌・劇中音楽を手掛けたRADWIMPSが、年末に行われる「NHK紅白歌合戦」に初出場することが濃厚である、という報道が18日になされた。

RADWIMPSが手掛けた「君の名は。」のサウンドトラックアルバムは、2週連続でオリコンアルバム週間チャートで1位を獲得するなど、映画と共に大ヒット。8月にはテレビ朝日系「ミュージックステーション2時間スペシャル」に出演し、地上波音楽番組で初パフォーマンスを果たしている。

RADWIMPSは、2001年、当時高校生だった野田洋次郎(Gt/Vo)は友人・桑原彰(Gt/Cho)に誘われたことをきっかけにバンドを結成した。野田の大学受験を理由に2003年にはバンド活動を一時休止したが、翌年の2004年には活動を再開。それに伴う形で、新たなメンバーとして武田祐介(Ba/Cho)、山口智史(Dr/Cho)が加わり現在の形に至っている(※現在、山口は休養中)。

元々、熱狂的なファンを多く持つ大人気バンドだったが、今回の映画の爆発的ヒットでその知名度はうなぎのぼり。ついには、紅白出場の言葉も囁かれるほどになった。

この報道に対して、ファンからの反応は様々だ。まず「RAD紅白決定とか震える」「RAD紅白出んの?ほんとだったらめっちゃ嬉しいんやけど」「RADの紅白出場濃厚は嬉しいな」「RAD紅白出るのは嬉しすぎ」という喜びの声。そして、「どんどん有名になってくなー」「RADが紅白…嬉しいような複雑な心境。。。」「RAD紅白はなかなか複雑な気持ちである」という少し複雑な気持ちを持つようなコメントも見られた。

紅白歌合戦の出場者の発表は例年通りであれば、11月の末が予想される。

最終更新:10/19(水) 21:00

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]