ここから本文です

ナスリの存在感が凄まじい 「雨の夜のザグレブで主のようだった」とスペイン紙が絶賛

theWORLD(ザ・ワールド) 10/19(水) 11:30配信

最高評価「3」の採点

セビージャは18日、UEFAチャンピオンズリーグ、グループステージ第3節でディナモ・ザグレブに1-0で勝利した。元フランス代表サミル・ナスリは攻撃の起点となっただけでなく、この試合では決勝ゴールを決める活躍ぶりを発揮した。

スペイン紙『as』は試合後、ナスリについて「マンチェスターからやってきたナスリは、サンパオリのセビージャでチームのカギとなっている。もはやモンチの奇跡の一つ。彼は雨の夜のザグレブで主のようだった。フランス人は随所で良いプレイを見せ、今季ベストなパフォーマンスだった」と絶賛した。そして採点ではセビージャのマリアーノ、エヌゾンジ、ビトーロと並び、最高評価の「3」がついた。

ナスリはこの試合で両チームを通じて最も多い146本のパスを記録。連携したパスワークの中心として影響力を発揮した。『UEFA.com』によるキープレイヤーにも選出され、「まさに脱帽」と高い評価を得た。ディナモ・ザグレブ戦でベンチ入りを果たした日本代表MF清武弘嗣だったが、セビージャは交代枠を一つ残したまま試合終了を迎え、出場機会を得られなかった。ナスリへの評価が高まるなかで、清武にとっては厳しい状況が続いている。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:10/19(水) 16:43

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。