ここから本文です

広島東洋カープ・黒田博樹投手引退に、ポルノグラフィティ・くるり・磯山さやから、音楽界・芸能界から激励の声続々

E-TALENTBANK 10/19(水) 21:20配信

18日、日本シリーズ進出を決めている、広島東洋カープの黒田博樹投手が引退を電撃発表した。

今年は、広島東洋カープの25年ぶりのリーグ優勝に貢献。昨年はメジャー球団からの高額オファーを蹴って古巣の広島で日本球界復帰を果たしたことでも大きな話題になった。そんな黒田選手が、約20年のプロ野球選手としての生活にピリオドを打つことを発表。発表当日の18日に行った会見では「悔いはない」と語ったと報じられている。

この知らせに、くるりの岸田繁は「やっぱし引退か…有終の美を飾って欲しいです。頼んます黒田さん。」、ポルノグラフィティの新藤晴一は「『筋書きのないドラマ』と言われるスポーツにも、ストーリーはあって、今の空気だと、日ハム大谷の日本シリーズになる可能性もあったけど、カープが黒田を手ぶらで引退させるはずもなく、面白くなってきた。」、磯山さやかは「広島・黒田博樹投手の引退ニュース。心の中でいつかはと思ってはいたけれれど、その日が来てしまうとやっぱり悲しいものですね。でも、まだ戦いは終わってないですし、悔いなく笑顔で現役終えてほしいですね。カープというチームを超えて、日本プロ野球界の宝の黒田投手。」と、それぞれTwitterで激励や思いの丈を語っていた。

最終更新:10/19(水) 21:20

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]